行列のできるニキビ石鹸で顔も背中も綺麗になった件

妊娠中に摂取するとよい栄養素・サプリメント

on 2010年6月13日

サプリメントの種類で妊娠中に摂取するといいものがあるのでしょうか。

妊娠中には薬やサプリメントの類は取らない方がといいと思われがちです。

実はとったほうが良いとされるサプリメントがあります。

サプリメントもいくつか種類があるが、一番代表的ものが葉酸のサプリメントです。

葉酸は特に妊娠初期に必要な成分とされています。

400~800マイクログラムの葉酸をサプリメントなどで毎日摂取しつづけることにより、胎児の順調な発育を促すことができるといいます。

サプリメントの種類の中では、鉄サプリメントとカルシウムサプリメントもこれらに該当しています。

妊娠中は胎盤への血液供給、胎児への栄養、酸素供給および分娩時の大量出血に対する備えのため血液量が増加します。

血液の量を多くするためには血液を薄めなければなりませんので、血液中に存在する赤血球が少なくなり、鉄分が不足します。

サプリメントの種類の中には、鉄だけでなく葉酸も配合されていて、両者を1度に補充できるというものもあるようです。

サプリメントで鉄分と葉酸を補充することによって、妊娠中に足りなくなりやすい栄養素を簡単に補充できます。

妊娠中期に、お腹の赤ちゃんが大きくなるために必要とされる栄養素がカルシウムです。

私たちはカルシウムを身体の中で作り出すことが出来ないので、必ず食品からとらなければならない栄養なのです。

カルシウムが不足すると、骨や歯からカルシウムをとっていきます。

カルシウムが欠乏気味な状態でいると、妊婦自身だけでなく胎児までも骨や歯が弱くなることがあります。

妊娠している時は、カルシウム、鉄、葉酸を十分に取り入れるようにするといいでしょう。

サプリメントの種類を把握し、どれが妊娠中に必要かをよく考えて使いましょう。

妊娠中は胎児のためにも、必要な栄養素が足りなくならないようにサプリメントを活用しましょう。


Comments are closed.